【セミナー報告】CC技能講習「大学生支援・自己理解ワーク」

令和2年8月23日、技能講習「大学生支援、自己理解ワーク」がオンラインで開催されました。1級キャリアコンサルタント技能士の星野講師です。

 

星野講師と受講者皆さんの自己紹介からスタートです。様々な地域、幅広い領域で活躍されている方にご参加いただき、和やかな雰囲気で始まりました。

 

はじめに、キャリア教育における自己理解について講義があり、自己理解を促進させる支援がいかに重要かを知ることができました。その理解のもと、受講者皆さんが大学生の立場になり「興味関心、価値観、能力、ビジョン」の4つのワークを体験しました。

 

興味関心のワークは、グループワークです。自分がほしい力をオークションで落札していきます。額が上がっていくにつれ、どうしても手に入れたい力が鮮明に浮かびあがり、大変盛り上がりました。落札したい理由も共有し、このプロセスを通じて、自身の興味関心の傾向が理解されていきました。

価値観のワークは、ペアワークです。憧れの人物やハイポイントについてインタビューしていきます。さすがキャリアコンサルタントの皆さん、自然に話しやすく掘り下げるインタビューが実施され、語ることを通して理解が深まった様子でした。

能力のワークは、グループでの合意形成ワークです。グループ内の話し合いを通じて、自身のコミュニケーションの傾向や課題について理解を深められることが分かりました。

最後は、ビジョンのワークです。ライフキャリアレインボーを作成し、未来についてどうありたいかを考え、他社から認められる経験をしていただきました。

 

単に体験するだけではなく、どの理論にもとづいているのか、何を目指して行うのか、大学生にとってリスクはないか等、具体的な根拠や目的をもって実施する大切さを学びました。

 

大学で授業をされている星野講師ならではの実体験を交えてお話いただき、納得感も得られ理解がより深められる1日となりました。

星野講師、受講者の皆さま、お疲れ様でした。

 

筆者:宮地 多佳