石原立憲 「生産現場において人はなぜルールを無視するのか」

中央労働災害防止協会「安全と健康」2015年6月号
SAFETY 安全事故から学ぶリスクの低減
  ハインリッヒの「産業災害防止論」
  ~再びハインリッヒの法則を考える
  東京工業大学大学院 中村 昌允    

上記の中に
2000予防時報 203  石原立憲
「生産現場において人はなぜルールを無視するのか」が紹介されています。

 中村氏によると「ハインリッヒの法則「1:30:300」の比率を信じ込みすぎているのではないか。ー略ー重い災害を発生する環境は軽い災害を発生する環境とおそらく異なるのだろう」

ハイテクが進み、安全管理も複雑な制御システムが動いています。安全管理は進んでいるはずです。しかし、事故は無くなりません。ヒューマンエラーを引き起こす、人の心理。
事故が起きる。もしくは事故が大きくなってしまう。こうしたことを過去から何度も言われていることに、立ち返ることによって、重要な示唆が得られるのではと思います。

 
石原 立憲(イシハラ タツノリ)
平成27年6月16日(火)13時40分〜16時40分(受付:13時30分)
「職場において人はなぜルールを守らないのか」
http://www.yuukyu.jp/seminar-list/1463/

 

受付は終了していますが、残席があるので、お問い合わせください。

info@yuukyu.jp