[blog]合格者の声(面接)より

2級キャリア・コンサルティング技能士 面接

試験管もいますし、緊張してしまいやすいですが、ロールプレイであっても、現場の面接のようにリアリティが必要です。

面接試験も仕事と同様の感覚で、相談者と面談しているのだというくらい、面接に没頭できたら実力が発揮できます。

就職試験を受ける前に、「緊張しないようにリラックスの方法等」伝えることもありますので、自分自身でもこの際、事前にリラックスできるようにしておくと良いでしょう。

 

さて、試験はその時間帯だけ評価される真剣勝負なので、相談者中心の傾聴を基本にすることは忘れてはなりません。

傾聴というと、とにかく「うなずいて相手の言葉を聞いておけば良い」と思われがちですが、そうではなく、傾聴は奥深いです。

合わせて、クライアントに20分で何らかの価値提供をもたらすための戦略を持てるようにすることも重要です。