キャリア・コンサルタント 国家資格

キャリア・コンサルタントの国家資格は「勤労青少年福祉法等の一部を改正する法律(平成27年法律代72号 )の一部の施行に伴い、職業能力開発促進法施行規則(昭和44年労働省令第24号 )等について所要の改正が行われることによって決まりました。

国家資格化に伴い、どの資格がどのようになるのかが、同行として気になるところです。現在の情報によれば

 ①キャリア・コンサルティング技能士 の1級2級は試験を受けることなく、キャリア・コンサルタントの国家資格がもらえそうです。

他には②国家試験と同等の試験をすでに受けたとみなされる人びとも、国家資格がもらえそうです。

これが期限つきで、線引きがなされるようです。

 キャリア・コンサルタントの国家資格は5年後との更新制になるようなので、そのたびごとに更新研修を受ける必要がでてきます。研修に加え実務や個人指導といった実践の部分もあるので、更新するための努力も

必要ということです。キャリア・コンサルタントに求められることの一つに自己研鑽があるので制度として導入されたということでしょうか。

別途、キャリア・コンサルタントの10万人育成計画があるということは、これから企業におけるキャリア育成 大学等の学校におけるキャリア教育はますます、発展することと思われます。

 

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495150195&Mode=0