活躍するキャリア・コンサルタント が乗り越える壁

 

渡部貢二氏が「社会の人々に貢献する活動」の一貫でセミナーを開催しますので、そのお知らせです。田崎のボランティア活動で事務局をしています。

テーマ
「活躍するキャリア・コンサルタントが乗り越える壁」
~働く人を支援するポイントと、組織に影響をもたらすコツ~
趣旨
個人のみならず職場に対応し、キャリアのみならずメンタル問題にも対応する力がキャリア・コンサルタントに求められています。その要請に応えるために、産業界の真の課題は何か、それらへの対応のポイントは何かを成功事例やケースワークを交えお伝えします。
 12月から新たにストレスチェック制度が施行されますがその中心的役割を果たすのは、医師・保健師と法律上は規定され、その目的はメンタル不調者の未然予防活動とされています。一方で産業界はそれだけでなく、能力・意欲のある健康的な労働者を確保し、それを組織の活性化につなげたいと模索を続けています。そこにおいて本来<人の問題>を扱う心理のプロの活躍が期待されるはずですが、実質的にそれに応える心理のプロの数は足りていないのが現状です。キャリア・コンサルタントが社会のニーズに即した実践のプロになるため、特に集団分析の有効活用のヒントを長年の経験を踏まえ実証的に解説します。

講師プロフィール
  根本 忠一 Tadaichi Nemoto 
公益財団法人 日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所 研究主幹
文部科学省うつ病研究会 委員、日本産業カウンセリング学会 理事、一般社団法人 産業保健法学研究会 理事。調査分析とともに講演や執筆活動も行う。著作に 「ホワイトカラー問題と企業組織の活力」『現代のエスプリ』№332「組織の健康」1995 、「企業内教育とカウンセリング・マインド」『産業カウンセリング入門』〔改訂版〕(共著)2007、単行本「今を生き抜く 幸せに働き、喜んで生きるための36章」(コープ出版)2012、「現場視点でのメンタルヘルス対策の現状と本質的課題」『日本の人事部LEADERS オピニオンリーダー100人が提言』2013、生産性新聞「ストレスチェック制度義務化が問う職場の今」連載中2015エッセイ「心の医療を託す人」で第13回GE横河メディカルEssayコンテスト 審査員(審査委員長渡辺淳一氏)特別賞受賞2000、論文「メンタル・ヘルスの指標を用いた組織活性化の試み」2011で全日本能率連盟賞 受賞2012

開催場所 弁天町ORC200生涯学習センター 特別会議室
(JR弁天町徒歩5分)
開催日時 平成27年12月20日(日) 受付13:15 
開始13:30  終了16:30
料金 お一人様¥4、000円(消費税込み)

申込書 お申し込み FAX 075-212-6551
勤務先名 請求書宛名 ご住所
TEL FAX ご参加者様所属部署  
ご参加者氏名 ご参加者様役職 ご参加者様メールアドレス
(個人の参加も歓迎です)
主催:渡部貢二(1級キャリア・コンサルティング技能士)
事務局:田崎慎子

お申し込み方法:コクチーズ及びメールにて受付しております。
http://kokucheese.com/event/index/357819/
(外部リンクが開きます)

Info@yuukyu.jp

お客様から頂いた情報は、お客様との連絡を適切かつ円滑に行うためのみ利用させて頂きます。
◆参加費のお支払いは必ずお申し込み後2週間以内に銀行振込みでお願い致します。
振込口座はお申込者にお知らせいたします。
※お申し込み後は1ヶ月を切りますとキャンセル料金が発生する旨ご了承ください。
物品の勧誘、販売などの営業活動はお断りさせていただきます。