キャリアコンサルティング技能士 2級合格体験記

氏名( 匿名希望 )

女性  キャリアコンサルタント実務年数 5年

合格年度 平成28年度 第17回

簡単なプロフィール

人事・総務の実務、管理職を経験後、同じ企業内の社内カウンセラーに任命されました。

 

合格を勝ち取るまでに苦労したこと

  • 過去3回、全て「具体的展開力」が未達で不合格。「傾聴」を意識しすぎるのか、キャリアコンサルティングの定義である「助言と指導」がなかなか体得できず苦労しました。また不合格は、カウンセラーとしてダメ出しをされたようで自己肯定感も下がっていました。

 

合格するための秘訣

  • ロープレを1回でも多く実施したり、他の人のロープレを見たりすること。
    合格するためにはもちろんのこと、相談者に「来てよかった」と言ってもらえる
    熟練CCを目指すなら、実践(練習)を積み重ねることが大切と思います。
    ロープレ練習を通じての気づき、CLやオブザーバーからのアドバイスを改善につなげ、叉、たくさんの人のロープレを見て良いと感じたことを真似しました。
  • 論述回答と同じように面接の流れを意識すること。
  • 口頭試問の回答をしっかり答えられるよう、ある程度準備して練習しておくこと。

 

以上、“これだけやった”という準備力が面接の再現性を高め、自分の気持ちを整え保つのに効果的でした。

最後に今回初めて個人指導を受講しました。
 単に2級技能検定受験対策だけではなく、渡部講師の一言一言が、真に相談者の今後の人生を考えての重みのある言葉で、コンサルタントとしての想いや姿勢に強く感銘を受けました。
私は現在、企業の社内カウンセラーとして勤務しておりますが、なりたいカウンセラー像が見えてきた感じがしています。
ご指導ありがとうございました。